不登校でもイイじゃん 〜あべのブログ〜

『行かせるよりも、生きさせる』 不登校生、保護者、経験者らへのカウンセリングや学習指導、またイベントなどを行っております。

*

不登校生・保護者向けイベント@横浜 無事に終わりました

   

あべ

先日23日は横浜にて「不登校生・保護者向け 講演・懇親・個別相談会」が行われました。

多くの方がご来場されましたが、みなさんにとって少しでもプラスとなる時間だったら良いなと思っています。

イベント自体は無事に滞りなく終えることができましたし、終了時刻になっても話が尽きなかったり、名残惜しそうにされていたりする光景が見られて、その点は良かったと思います。参加者のみなさん、お疲れさまでした。関係者のみなさん、ありがとうございました。

 

当日は、トップバッターとして不登校経験者の土屋さんが講演をされました。

のん

過去を話すということは、過去を思い出すということですので、つらかったことや嫌なことも思い出されたことでしょう。それでも堂々と、そしてありのままを語ってくれた土屋さんの言葉に、励まされた方も多かったと思います。

 

次に、プチライブとしてシンガーソングライターの風見穏香さんが歌を披露。

しー2

プチライブというよりも、本当にわずかな時間でしたが、それでも歌声に涙する方が多かったですね。風見さんは、ご自身がこれから活動を開始していく「不登校enjoyサークル まぶぃーず」の紹介もされました。

 

講演としてボクもお話をさせて頂きました。

今回は「休ませるということ」「基準を変えるということ」の2点をお話ししながら、主に、いま学校を休んでいる子の保護者に向けて考え方や行動面についてお伝えしました。うまく伝わっていればいいなと願うばかりです。

 

その後はフリータイムの懇親会。

こん

懇親会と呼ぶには、かなりの大人数でしたが、講演をした土屋さんや風見さんを含め、他のスタッフやサポートメンバーも加わって、それぞれのテーブルで懇親をしました。

それと並行して、予約制の個別相談も行いました。ここでは臨床心理士の向井先生と、あとはボクが担当させて頂きました。

 

という簡単なご報告です。

あらためて、無事に開催できましたことに感謝します。ありがとうございました。そして、繰り返しですが、参加した方にとって少しでもプラスになっていればいいなと思っています。

 

率直な感想としては、やはり回数を多くやった方が良いなと思ったのが正直なところです。

今回、60名以上の方が来られましたが、当然のことながら全ての方とは言葉も交わせませんし、このスタイルで開催ができるのは、現状ですと年に2〜3回程度です。大人数の集いも良いのですが、やはり少人数で回数を増やして機会を設けた方が、特に悩みの最中にいる保護者にとっては良いだろうと感じました。

なので、これまで通り、少人数のセミナーやランチ会は継続していきます。そして、こうした講演タイプのイベントも時たま開催できるようにしたいと思います。

 

どうしても土日での首都圏開催が多くなってしまいますが、なかなか参加できない方のための平日開催を検討し、また、足を運べない地域の方のためにはブログやメルマガで何とか参考にして頂けるようにコツコツと発信していきます。

これからも、よろしくお願いします。

【ご案内】

5月9日(火)10時〜馬車道

「子育て応援セミナー」(にじのふね・発達が気になる親の会 ジャパンプラットフォーム主催)で登壇させて頂きます。

メルマガはこちら☆

ご相談はこちら☆

 
   

REOの「不登校サポートコース」のご案内

hedaimage 学校へ行けないことで、不安や心配が尽きない方は多いかと思います。REO「サポートコース」では、学校へ行けない生徒のために多くの安心できる選択肢から自分に合った方向性でのサポートをすることができます。

 

 - いばしょクラブ, 活動報告