不登校でもイイじゃん 〜あべのブログ〜

『行かせるよりも、生きさせる』 不登校生、保護者、経験者らへのカウンセリングや学習指導、またイベントなどを行っております。

*

休ませる

   

%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%bf

ストレスやプレッシャーによって学校へ行けなくなった場合、「休ませる」ことで回復につながります。休むことで、安心感を得たり、力を抜くことができたり、余計なことを考えなくて済むようになったりして、一定の時期を過ぎると日に日に回復が目に見えるようになったりもします。

しかし、「いくら学校を休ませても、全く回復などしている気配がない」と言われる保護者は少なくありません。そして「いったい何日くらい休ませれば回復するのか」と聞かれることもあります。

 

いくら学校を休ませても全く回復をしない、という場合、最も考えられるのは「原因が学校以外にある」ケースです。例えば、本人へストレスやプレッシャーをかけているのが、学校ではなく「ご家庭内」にある(あった)ケース。この場合ですと、学校を休んだだけで回復が図れるというものでもありません。

それどころか、保護者の「休んでいるのに回復しない」「いったい何日くらい休めば〜」という気持ちが本人へ伝わってしまい、かえってストレスを増やしているケースは少なくありません。言葉に出してはいなくても、気持ちは伝わるものです。「休んでいるのに〜」「いつになったら〜」という焦りは、残念ながら伝わります。ご家庭内にただようストレスが減ることもありません。

 

冒頭でボクは「『休ませる』ことが回復につながる」と書きましたが、「学校を休ませる」とは書いていませんよね。「学校」を休ませるのではなく、本人の「気持ち」や「心」あるいは「脳」を休ませてあげるようにしましょう。

学校自体を休ませることが目的ではありません。できるだけストレスになることを減らして、気持ちを休ませてあげるのです。そう考えると、「休んでいるのに〜」「いつになったら〜」という保護者の気持ちは、ちょっと転換したいものです。

学校を休ませるという決断をした以上、そこからの早い回復を願うことは自然なことですし、仕方がありません。しかし、その決断は「学校を」休ませるのではなく、「本人の気持ちを」休ませてあげるためのものなのだと再確認し、そう捉えてみましょう。せっかく学校を休んでいるのだから、あるいは、どうせ学校を休んでいるのだから、家の中でもストレスやプレッシャーからは、いったん開放させてあげて下さい。そうでないと、「学校は休んでいるけれど、気持ちは全く休めていない」という状態が続きます。

 

ボクは保護者から「いったい何日くらい休ませれば回復するのか」と聞かれた場合には、「そういうことを考えなくなったら回復が始まります」と答えることがあります。

「学校を」休ませるのではなく、「気持ち」を休ませる、という感覚を持ってあげましょうね。

「羽を休める」という言葉がありますが、本人たちが最も羽を休められるのは家の中のはずです。そして、最も羽を休めたいのは、本当は保護者の近くであったりします。家の中でまで、保護者の近くでまで、傷ついた羽をバタバタとしていないか、再確認をしてあげて下さい。

メルマガはこちら☆

ご相談はこちら☆

 
   

REOの「不登校サポートコース」のご案内

hedaimage 学校へ行けないことで、不安や心配が尽きない方は多いかと思います。REO「サポートコース」では、学校へ行けない生徒のために多くの安心できる選択肢から自分に合った方向性でのサポートをすることができます。

 

 - おもうこと