不登校でもイイじゃん 〜あべのブログ〜

『行かせるよりも、生きさせる』 不登校生、保護者、経験者らへのカウンセリングや学習指導、またイベントなどを行っております。

*

イベントも無事に終わりました【感想ご報告 9/3@東京】

   

0903

先日に行われました「不登校生・保護者向け 講演・懇親・個別相談&進路相談会@東京日本橋」→こちら☆

無事に終了しました、ありがとうございました。参加された方々、関係者の方々、お疲れさまでした、ありがとうございました。また、SNS等で情報を広めて頂いたり、お知り合いに声をかけて頂いた方々も、ありがとうございました。

参加者が想定よりも多く、途中からはイスやらテーブルやらの設置がバタバタでしたが、無事故で終えられました。

 

ボクもお話しする時間を頂いたのですが、「進路を決める」というきっかけをカウンセリングに生かすという内容を簡単にお伝えしました。普段は親子の会話が難しくとも、進路選択という話題の際にカウンセリングの要素を意識してみることや、どこが大切なポイントなのか、などをお伝えしてみました。本当は何回かに分けて話したいくらいのテーマを限られた時間で話し切ったため、いずれブログ等で思い出して頂けるようにしようかとも思っています。

 

ボクの話の後は、不登校からの高校進学に関する知識をレクチャーして頂く時間でした、「通信制高校」の仕組みなど。

09032

冒頭と同じような写真が並ぶだけで、すみません。担当はルネサンス高校の先生が行ってくれました。

 

その後は、カウンセラーへの個別相談、ブースでの個別進路相談、フリーの懇親、という時間でした。写真を撮ることができず、雰囲気が伝わらないのは、すみません。

人数が多かったので懇親スペースを4ヶ所にセッティングし、加えて、廊下や受付でもお話をされる方々がいる状態でしたが、どこもお話の尽きない感じでしたね。印象的だったのは、中学生や不登校経験者の20代の若者たちが、保護者に混じって懇親していたことでした。以前は「保護者」「本人・経験者」と懇親スペースを分けたことがあり、今回もそうしようかという話はあったのですが、結局は「混じったまま」の懇親となりました。

かつては、本人や経験者が傷つくようなことを、つい保護者が言ってしまうケースが危惧されましたので、そんな雰囲気になるとササッと声をかけてスペースを分けたり、スタッフが割って入ったり、色々と配慮をしたものです。しかし最近、そして今回も、分けなくても懇親が成り立つ風景が見られるようになりました。もちろん、本人にとって楽しいものではないでしょうけれど、いたずらに傷つくような質問をされることなく、むしろ自分の話を大人がウンウンと聞いてくれる経験は良かったのではないかと思っています。保護者も本人も成熟してきた、といっては表現が簡単すぎるかもしれませんが、そんな印象でした。

帰り際に、連絡先を交換しているところなどを目にすると、いい出会いになったのかな、などと感じました。特に今回、経験者の若者と中学生が連絡先を交換していたようで、それは嬉しかったです。実際に連絡をするかしないか、仲良くするかしないか、は二の次でいいんです。いざというとき、本当に誰かに話を聞いて欲しいときに、“味方”の連絡先が「ある」という事実だけでも大きな力になれると思っています。

カウンセラーへの個別相談は、キャンセル待ちのご予約を数名は頂いていたのですが、結局はご相談ができなかった方々がいらっしゃいました。限りがあるので仕方ないのですが、「個別相談のみ」というイベントが必要かも、開催を検討したいね、という話がスタッフの方とも挙がりましたので考えていきます。

逆に、相談や懇親から枠を広げて、リフレッシュできるような企画も行いたいね、という話も挙がりました。このあたりも、また検討を進めてみたいと思っています。

ボク個人としては、また「保護者抜き」のイベントをやりたいなと思いました。中学生くらいの生徒と20代30代の若者が接する機会や、あるいは同世代と接する機会を作りたいな、と。本当は不登校という枠にこだわらずに、やりたいくらいの気持ちはあります。

 

結局、「色々やりたい」という感想になってしまいましたが、それくらい「縁」というものの大切さを今回も目の当たりにした気がしますし、そうした場をボクらが企画することで「縁」が1つでも2つでも生まれるならば、そこは頑張りたいなと思いました。

そんな前向きさを運営側のボクらに与えてくれるようなイベントでしたということで、感想を終わります。乱文で失礼しました。

 

※9月はしばらく企画がありません、次回にボクが参加するものは「10/8」の「セミナー@大阪」になります。こちら追って詳細は告知しますね。

メルマガはこちら☆

ご相談はこちら☆

 
   

REOの「不登校サポートコース」のご案内

hedaimage 学校へ行けないことで、不安や心配が尽きない方は多いかと思います。REO「サポートコース」では、学校へ行けない生徒のために多くの安心できる選択肢から自分に合った方向性でのサポートをすることができます。

 

 - “実況中継”, いばしょクラブ, 東京 不登校イベント情報, 活動報告