不登校でもイイじゃん 〜あべのブログ〜

『行かせるよりも、生きさせる』 不登校生、保護者、経験者らへのカウンセリングや学習指導、またイベントなどを行っております。

*

情報という光

   

今までにも書こうと思ったことはあったのですが、
ちょっと誤解を招きそうなので敬遠してきたようなことを書きます。

ボクの住む地域では、
本日が、公立高校入試の合格発表です。

スタッフ達が担当した生徒たちから、
合格の報が届いています。

4月からは、晴れて高校生です。

不登校生が高校へ進学すると言うと、

通信制高校ですよね、
私立ですよね、
普通科じゃないんですよね、

と思われる方が、未だに多いのですが、

先に書いた「生徒たち」の志望校は、
「公立」「全日制」「普通科」です。

つまり、
中学校へ通えていた生徒の多くが志望する高校へ、
その生徒たちと同様に進学をすることが決まったのです。

語弊のある言葉で簡単に言えば、
フツーに受験して、合格した、ということです。

不登校ということになると、
どうしても「高校は無理」「公立は無理」「普通科は無理」と思われる方が多いのですが、
そんなことは、ありません。
十分に可能なのです

もちろん、
通信制高校が合っていて、そこで充実した高校生活を送る子もいますし、
留学をする子もいれば、働いて立派に暮らしている方もいます。
また、いったんお休みして、後に勉強をやり直して頑張った方もいます。

人それぞれです。

ただ、
先入観や誤った情報によって「無理」と選択肢を狭くしてしまうことは、
避けて頂きたいなと思います。

「高校なんて無理」、いや、無理ではありません。
「普通科は無理」、いや、無理ではありません。
「公立は無理」、いや、地域によっては十分に可能です。

そうした情報をふまえて、選択肢を見つめて欲しいなと思います。

現に、先に書いたように、
公立の全日制普通科への合格の報が実際に届いているわけですし、

昨年も、一昨年も同様です。
中学校へ数日しか通っていなくても、公立の全日制普通科へ合格した生徒もいます。

と書くと、
「それは、あべさんのところへ預けたからだろう」と思われる方がいるかもしれません。

なので、
ここで、ハッキリ書いておきますが、

別に、ボクのところだから、ということはありません。
どこか特定の塾が、独自のノウハウで合格へ導いている、ということはないです。

みなさんがお住まいの地域にある塾でも可能なレベルですし、
大手の有名な塾ではなくても、どこの塾でも、
やろうと思えば対応できるはずの内容ですし、
あるいは、塾へ通わなくても、家庭教師を雇わなくても、対策はできます。

まず先入観のある方は、それを捨てて下さい。
まだまだ地域差はありますが、
不登校生に対する進路選択は、年々、変わってきています。

正しい情報を得て、
「こういう道もあるのか」
「ああ、そういう選択肢も可能なのか」
ということを、ぜひ知って頂きたいのです。

「だけど、ウチの子は、やる気がない」

と言う方もいらっしゃると思いますが、
「道がない」と思い込んでしまって、
それにより「やる気」を失っている、
つまり「あきらめてしまっている」という子は少なくありません。

だとしたら、
「道はある」と、わかったとたんに、
少し明るい光がさし、少し前を向き、そして動くことができたりもします。

「どうせ高校へは行けないし」から、
「まだ、あきらめなくて大丈夫なのか」と意識が変わることは大きいです。

端的に言えば、「目標ができる」ということであり、
その影響は絶大です。

確認ですが、
通信制高校や定時制高校の否定ではありません、
また、
ボクのところが特別だ、という話でもありません。

正しい情報を得て下さい、ということです。
無理だと思っていたことが、無理ではないかもしれませんので。

もしかしたら、その「正しい情報」こそが、
本人の苦しみを少し取り除くものになるかもしれません、ということです

【動画ブログ、スタッフが頑張って更新中です】→こちら☆

(*^_^*)よろしければ応援クリックをお願いします(^◇^)
     
PR
基礎の補習、受験対策、高卒認定対策、ひとりひとりに合わせて安心サポートします。   
  サクシードの不登校コース 
国立音楽院   
ご自宅へ伺って学習&こころのサポート。専門知識と経験あるスタッフだから安心です。   
第一学院高等学校 
いばしょづくり NPO法人いばしょづくり
よろしければ「いいね」を押してください

 
   

REOの「不登校サポートコース」のご案内

hedaimage 学校へ行けないことで、不安や心配が尽きない方は多いかと思います。REO「サポートコース」では、学校へ行けない生徒のために多くの安心できる選択肢から自分に合った方向性でのサポートをすることができます。

 

 - おもうこと