不登校でもイイじゃん 〜あべのブログ〜

『行かせるよりも、生きさせる』 不登校生、保護者、経験者らへのカウンセリングや学習指導、またイベントなどを行っております。

*

成功を祈りつつも

   

受験シーズン、

すでに結果の出た方や、今まさに結果を待つ方、これから追いこみだという方、いろいろだと思います。

受験できなかった、申し込んだのに会場へ行けなかった、

結局は受験をする気にならなかった、という方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにしても、いろいろです。

いろいろでイイと思います、焦らずにペンギン

さて、これまでにボクが担当してきたのは、

不登校生の中学や高校受験、高卒認定、そして大学受験。

そこで、特に中学や高校受験をする生徒の保護者の方々へ

常々、お願いしていたことがあります。

それは、

「不合格だったときにかける言葉を考えておいて下さい」

ということ。

保護者の方には、いつもそれをお願いしています。

「そんな縁起でもない!」

「子供を信じているから考えられない!」

と思う方もいらっしゃるでしょう、

実際に、難色を示されたことはありますし

「自信がないんですか?」と聞かれてしまったこともあります。

それでもボクは説明をして、お願いをしています。

よくない結果を想定しておくことは、

逆に言えば、過剰な期待をしないことにつながり、

それは、受験に限らず

お子さんへ接するうえで、必要なことだと思っています。

「不合格だった場合は、どうしよう、なんて声をかけてあげよう」

と、保護者の方、もしくは応援する方々で

必ずシミュレーションしておいて欲しいんです。

不合格という想定だけではありません、

オナカが痛くなって試験中に出てきてしまった、なんてことも

想定しておいてイイくらいだと思っています。

想定をしておく目的は、

よくない結果が出たとき、

保護者の方が必要以上に落ち込まないため、です。

例えば不合格だったとき、また試験を受けられなかったとき、

「なにやってんのよ、あんなに応援してたのに、もう」

「なんで頑張れなかったの、せっかくここまで来たのに、もう」

なんて落ち込んで、ついつい口走ってしまってはいけません、

そんなことは、本人が最もわかっているはず。

だから、落ち込み過ぎないように、想定しておいて欲しいわけです。

かける言葉が、「もう」で終わらないように

考えておいて欲しいわけです。

必要以上に落ち込んで、

帰宅してからも、はぁ、とかってタメ息をついてしまうと、

その姿に対して、子供たちは落ち込んだりします。

いや、むしろ子供たちは

自分が不合格だったということよりも、

「お父さん、お母さんに申し訳ない」ということの方が、大きく心にのしかかったりするものです。

よくない結果で落ち込んでしまうのは仕方がありません。

よくない結果でヘラヘラと笑っているのも不自然。

だから落ち込むのはイイんです。

ただ、

落ち込み「すぎない」ために、

その想定をしておいて下さい。

そもそも不登校生の場合、

「受験をしよう」「受験してみたいな」と思うだけで、かなりの前進と言えるケースは多いです。

だったら、

そこまでで及第点をあげて下さい。

その先は、

「まぁ、どうなってもイイや」とまではいかずとも、

「結果は冷静に受け止めよう」くらいでいて欲しいです。

不登校の生徒を担当していると、

当日に、会場へ行った、というだけで本当に安心したりします。

それだけで、もう十分だな、と心から思ったりします。

まぁ、それはボクが他人だから、という部分もあるのですが、

でも、保護者の方も、どうか、ハードルを上げ過ぎないであげて欲しいな、と。

よくない結果、ではなく、よい結果、だった時の想定は

別に、しなくてもイイと思います。

たぶん勝手に本人をほめてあげられるでしょうから。

よくない結果のときに、

ほめてあげられる部分を、アタマの片隅に置いておいてくれれば、それでイイです。

ちなみに、

ボクが思うに、

受験で不合格だったとき、

立ち直りが早いのは、断然、子供たちの方です。

保護者のほうが、いつまでもいつまでも、

その話をブリ返したり、「たら・れば」の話をしたりするものです。

いつまでも子供たちが落ち込んでいるとしたら、

よくない結果そのものよりも、やはり、保護者の方のそんな言動からだったりします。

子供たちは、

落ち込んで、エンエンと泣いたりわめいたり、ふさぎこんだりしていても、

2~3日後には、ケロッとしていたりするものなんです。

結果を受け止める力、は

ボクたちオトナよりも、よほど確かなものを持っていますよニコニコ

(*^_^*)よろしければ応援クリックをお願いします(^◇^)
   
PR
基礎の補習、受験対策、高卒認定対策、ひとりひとりに合わせて安心サポートします。 ご自宅へ伺って学習&こころのサポート。専門知識と経験あるスタッフだから安心です。
いばしょづくり 不登校生・経験者・保護者のための場所 留学サポート 不登校でも安心
国立音楽院 NPO法人 くるみの学校
第一学院高等学校
いばしょづくり
NPO法人いばしょづくり
よろしければ「いいね」を押してください

 
   

REOの「不登校サポートコース」のご案内

hedaimage 学校へ行けないことで、不安や心配が尽きない方は多いかと思います。REO「サポートコース」では、学校へ行けない生徒のために多くの安心できる選択肢から自分に合った方向性でのサポートをすることができます。

 

 - おもうこと