不登校でもイイじゃん 〜あべのブログ〜

『行かせるよりも、生きさせる』 不登校生、保護者、経験者らへのカウンセリングや学習指導、またイベントなどを行っております。

*

かなり嬉しい

   

よろしければ、それぞれ応援クリックをお願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 不登校・ひきこもり育児

ブログランキング 不登校

教育ブログランキング

テーマの通り、ホントに「雑談」を書きます、すみませんペンギン

ずっと以前に、チラっと書きましたが、

ボクがアメブロに移転してきた大きな理由のひとつは、

子供たちとやりとりがしたいから、

というものでした。

実は「子供」っていう呼び方には抵抗があり、

また、抵抗を感じる子もいると思いますけど、

ま、法的には「子供」なんで、ガマンガマン。

で、

アメブロに来てからは、

子供たちからメッセージをもらうことが、

ライブドアやミクシイの頃と比べて格段に増えました。

子供たちからのメッセージって、嬉しいです。

もちろん、真剣に悩んでいる子に対して「嬉しい」というのは語弊がありますけど、

でも、そうやって伝えてくれることの勇気や行動は嬉しい。

時には、

ただの「つぶやき」をメッセージで送ってくれるもんで

「ひとりごとかいっ(笑」って返信したり、

時には

“翻訳”に困るような文字が並ぶので

「日本語で送って(笑」と返信したり、

そんなこともありますが、

そうやって、関わりを持てることはイイなと思っています。

で、

本題はここから。

以前にメッセージをくれていた中学生の子がいました。

詳しくは書きませんが、

いくらかの、やりとりをしていました。

ある日、

急にアメブロからいなくなっていました。

すごく残念に思っていました。

すると先日、

“改名”したその子からメッセージが来ていました。

嫌がらせにあって、消えていたらしいんです、

でもまた名前を変えて復活して、

そして、

メッセージを送ってくれたのでした。

嬉しかったです、かなり。

よく戻ってきてくれました。

というわけで、

前置きのわりには、本題が短くまとまりすぎていますが、

どっちにしても、嬉しい、ということです。

実は、

子供たちとの関わり方というか、

もっと言えば、

「インターネット・ブログ・SNS」や「カウンセラー」と「子供」との関わり方について、

ボクは思うことや言いたいこと、伝えたいこと、があるのですが、

それはまた別の機会に書かせて頂きます。

今回はとりあえず、

嬉しいことをお伝えしておきます、ということでにひひ

 
   

REOの「不登校サポートコース」のご案内

hedaimage 学校へ行けないことで、不安や心配が尽きない方は多いかと思います。REO「サポートコース」では、学校へ行けない生徒のために多くの安心できる選択肢から自分に合った方向性でのサポートをすることができます。

 

 - おもうこと