不登校でもイイじゃん 〜あべのブログ〜

『行かせるよりも、生きさせる』 不登校生、保護者、経験者らへのカウンセリングや学習指導、またイベントなどを行っております。

*

インターネット上で議論をする目的

   

しばらくネットから離れていたこともあり、
ミクシイの「不登校」に関するコミュニティを眺めるのは久しぶりでした。
とあるコミュニティの
とあるトピックにて
さかんに“議論”が行われているのを発見。
主に、
不登校生でも、その保護者でもない方々による書き込みが
とても活発でした。
「不登校」というものについて、
こう思う、とか、こうは思わない、とか
それは違う、とか、いや違わない、とか。
そんな“議論”。
率直に、
見ていて気分は良くなかったです。
色々な考えがあるのはわかりますし、
それを書き込むのも、決して悪いことではないと思います。
それに、
不登校の子供達や、保護者の方は、
こうしたコミュニティなどで、どんどん本音を書いて頂いた方が
イイと思っています。
でも、
そうした「当事者」ではない大人が、
ああだ、こうだ、と書き込んで、
しまいには、
論戦みたいになってきて、言葉が乱暴になってきて、
ああ言えば、こう言う、みたいな繰り返しって
ネット上では、いかがなものかと思います。
ボクから見れば、
「議論」ではなく、もう「主張」でしかないんですよね。
意見の違いを受け入れるスタンスがあまりなくて、
自分の考えをとにかく主張し、それに理由をつけるだけ、みたいな。
色々な考えの人がいるんだ、とか
相手の言いぶんも聞いてみよう、とか
そうしたものが見えづらいですし、
自分の意見が否定されると、
感情的になって、言葉が乱暴になって、
なんて書き込みも少なくありません。
そうした“議論”をしている方々から
「不登校生を立ち直らせる仕事をしている」とか
「何十人もの不登校生から相談をうけている」とか
そういったプロフィールを聞かされても、
個人的は、ちょっと疑問です。
こうした方々は、
子供たちの前でも、そんな言葉を使うのか。
不登校生の保護者に対しても、
そうやって自分の考えばかりを押しつけるのか。
疑問です。
ってか、無理だと思います、あくまでも個人的な感想ですが。
「ネット上だからそうなっているだけで、
実際に子供や保護者と接するときには違いますよ」って
言われるかもしれません。
でも、
それはちょっと信用できません。
だって、
そうした“議論”を、どれだけの不登校生や保護者達が
ネットでながめているかってことくらいは、想像できるはずですから。
本当に立派なプロフィールの方なのであれば、
いくらネット上だとしても、
いやむしろネット上であるからこそ、
子供達や保護者の“視線”は絶対に意識しなければならないと思うんです。
自分の考えを通したいための“議論”なのか、
それとも、
いま悩んでいる子供や保護者にプラスになればと願っての“議論”なのか、
いままさに不登校について悩んでいる方であればあるほど、
後者には感じられないのではないかな、と。
ミクシイのコミュニティ自体にケチをつけているわけではありません。
なにを言おうと書こうと自由ですしね。
繰り返しですが、
不登校生や保護者の方が本音をさらけ出すのはアリだと思っています。
でも、
自分の考えを主張するだけなら、
ちょっと場を変えてもらった方がイイですね。
本当に議論したければ、
直に会って、対面ですればイイんです。
そうすれば、
不特定多数の目には触れずにすみますから。
もしくはメールでやりとりすればイイんです、気が済むまで。
「不快な思いをするなら、見なければイイじゃないか」と
言われるかもしれないのですが、それも違うと思います。
実際に悩んでいる保護者の方々は、
どうしても見ちゃいますって。
どうしても気になって見ちゃうんですよ。
もしかしたら有益な情報もあるかもしれないって思うから
見てしまうんです。
悩んで悩んで不安で不安で、
コミュニティを頼りにしている方もいるんです。
見なければイイ、ってアッサリと決められない方もいるんです。
そんな方々を、さらに不安にさせる“議論”があることは、
やっぱり残念です。
いくら不安をあおられても、
それでも見ちゃうんですからね、特にお母様方は。
不登校生や保護者と接してきた人であれば、
それくらいはわかるはず。
“議論”になったとき、
主張のぶつかりあいには負けたって構わない、
それでも、
ここを見ている子供や保護者を傷つけないようにしよう、って
そんな視点をもった方にこそ
不登校生や保護者へ関わっていってもらいたいと思います。
“議論”に勝ったところで、大して得るものはない、というくらい
一歩ひいて見られる方でないと、
悩みを打ち明けるのには不安です。
特定のコミュニティやトピックへの批判でもないですし、
特定のユーザーへの批判ではありません。
それぞれの方に考えがあり、
それぞれの経験もあり、どれが合っているか間違っているか
ということはないと思っています。
ボクはただ、
書き込まれた、そのコトバについて、
そしてその影響について危惧しているだけです。
ぜんぜん違うネタのトピならイイんです。
悩んでいる子供達や保護者、
そうしたデリケートな状態にある方々が閲覧するものだからこそ、
危惧しているだけです。
しつこいようですが、
子供達や、悩んでいる保護者といった「当事者」は
本音でどんどん書き込むべきだと考えています。
ちゃんとしなければいけないなと思うのは、
そうした「当事者」に関わる周囲のオトナ達の書き込みです。
不毛な議論には、参加しない。
たとえ自分の考えを否定されても、
それが不毛な議論に発展しそうなら、
グッとこらえて、“議論”にしない。
「関わっている側」の皆さんには、
そんなスタンスでいてほしいと願うばかりです。

 
   

REOの「不登校サポートコース」のご案内

hedaimage 学校へ行けないことで、不安や心配が尽きない方は多いかと思います。REO「サポートコース」では、学校へ行けない生徒のために多くの安心できる選択肢から自分に合った方向性でのサポートをすることができます。

 

 - おもうこと